ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「働く菌」でコンクリ並人工石、海岸浸食対策手軽に

(1/3ページ)
2017/5/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 地盤工学と生物工学、化学工学の融合が進みつつある。セメントや薬液などのモノを入れずに、現地の生物や空気で工事目的物の性能を満たすことができれば、環境への負荷を大幅に低減できる。究極の自然素材を使う次世代の地盤技術として注目されているのが微生物だ。

 土の中には1g当たり10の7乗~10の9乗個の微生物が含まれるという。微生物は鉄や銅といった金属資源と同様に、使い方次第では我々の暮らしを豊かにする未…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図5 三井化学が試作したエンジンのピストンとコンロッド。炭素繊維で強化した熱可塑性ポリイミドで加工した。ガラス転移温度が250℃という高耐熱性を生かし、アルミ合金などの代替を狙って軽くする

適材適所の材料活用、欧米を一気に抜く「秘策」 [有料会員限定]

 製品の性能を限界まで高め、複数の機能を同時に実現するために、さまざまな種類の材料を適材適所で使いこなす――。この「マルチマテリアル化」が、当たり前となる時代に入りつつある。だが、残念ながら、世界レベ…続き (10/20)

図4 BMW社の7シリーズの生産ライン。CFRPを使って部品を加工し、ボディーとして組み立てるために専用の設備や生産ラインを新設している(写真:BMW)

車に潜む「日本の危機」、材料活用で欧米に後じん [有料会員限定]

 製品の性能を限界まで高め、複数の機能を同時に実現するために、さまざまな種類の材料を適材適所で使いこなす――。この「マルチマテリアル化」が、当たり前となる時代に入りつつある。だが、残念ながら、世界レベ…続き (10/19)

「ムーアの法則」延命へ 半導体微細化、限界打破に光明 [有料会員限定]

 空前の好景気に沸く半導体業界だが、製造技術の進化は停滞し将来展望を見失っていた。既存技術の延長では、半導体の集積度・性能向上、コスト低減を導く「微細化」が限界に近づいていたのだ。ごく最近になって、1…続き (10/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月22日(日)

  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?
  • プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト