存続危機の京大天文台救うか 日本版グリニッジ構想

(1/2ページ)
2017/4/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

資金不足で存続の危機に直面している京都の花山天文台をいかに再生・活用するか――。教育や産業育成の拠点として整備、観光地としてもいかす取り組みが動き出そうとしている。同天文台は歴史的に貴重な設備が残るほか、日本のアマチュア天文学発展の礎にもなった。構想の実現には資金調達などのハードルを越えなければならないが、実現すれば新たな科学振興のモデルとなるかもしれない。

■今年度から予算つかず、存続には年10

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]