/

この記事は会員限定です

ごみの山での収入、糧に フィリピン・マニラ

[有料会員限定]

ピラミッドのように積まれた巨大なごみ山があるフィリピン・マニラのパヤタス地区。「第2のスモーキーマウンテン」と呼ばれる場所で、ごみの中からお金になる物を売り、わずかな収入を得て暮らす人たちがいるという。どんな様子なのだろうか。マニラ中心部から車で40分ほどの貧困地区を訪ねた。

 パヤタスの街に入ると、ごみを積んだトラックが砂ぼこりをあげて走り、車列が途切れることなく山へと向っている。舞った砂ととも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン