2018年2月26日(月)

チームニッポン大変革

フォローする

浅田真央の幸せな引退と元アスリートのその後
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2017/4/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

 国民的ヒロインともいえるフィギュアスケーター、浅田真央さん(26)が引退した。笑顔を交え、メモを見ることもなく、「?」と感じる質問にも言葉を選んで自分の気持ちを誠実に率直に伝えようとする引退記者会見には脱帽した。最近よく見る建前ばかりの薄っぺらな会見と比べて、文句のつけようがない。スケートに打ち込む人生を送りながら、本当に立派で素敵な大人に育ったものだとうれしくなった。

前向きに次のステージへ

 そんな姿を見て、12年前に14歳の彼女にインタビューしたことを思い出した。ジュニア世界女王となりシニアの全日本選手権で2位となった2004~05年のシーズンが終わった頃。フィギュア人気は今のように高まってはいなかったが、難しいジャンプをミスなくこなし、トリプルアクセルを軽々と跳ぶ彼女は天才少女として注目されていた。前年暮れの全日本の時からかなり背が高くなった印象の彼女に身長を尋ねると「全日本から4センチ伸びて160センチになったんです」。急成長の途上、世界のトップに向けて飛躍する直前だった。

 「背が伸びてもジャンプに影響はないです」「来シーズンはトリプルアクセル2回に4回転も跳びまーす」。天才少女というより子供のように無邪気にはしゃぐように話す姿からは、アスリートとしての順風満帆な未来を予感した。翌年のトリノ五輪の舞台は年齢制限で立てなかったが、10年のバンクーバーでは金メダル、その4年後の連覇もいけるなと思った。

幸せな競技生活、そしてすばらしい引退会見だった=共同

幸せな競技生活、そしてすばらしい引退会見だった=共同

 トリノ後にスケートの取材から離れたが、実際の彼女のアスリート人生はインタビュー時にこちらが勝手に思い描いた単純なストーリーとは異なった。世界選手権を3度、グランプリファイナルは4度の優勝。トップスケーターとして申し分ない結果を残しながら、五輪では勝てなかった。14歳の頃と同じ天真爛漫(らんまん)さはそのままに、求道者のような悲壮感も身にまとっていった。ソチ五輪のフリーの演技を終えた後の喜怒哀楽すべての感情がこもった表情と涙は忘れられない。連戦連勝の無敵の女王だったら、これほど人々の心を動かすことはなかっただろう。

 アスリートが目指すものはメダルや順位だけではない。何度もそう書いてきた。だが、頭では分かっていても、理屈を超えてそれを実感できることは自分でも意外に少ない。ソチのフリーの演技が象徴的だが、彼女はそれを自らのパフォーマンスによって分からせてくれる希少な存在だった。

 幸せなアスリートだとあらためて思う。彼女が引退を伝える会見やブログで残した言葉から、特に素晴らしいと感じたのは、引退の決断を「人生の中の1つの通過点」とはっきりとらえ、「フィギュアスケートでやり残したことは何もない」「この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたい」と、自身の次のステージの幕開けを前向きに予感していることだ。時間をかけて自問自答を繰り返し、納得して出した結論だということもよく伝わってきた。

 フィギュアスケートは競技生活を終えてもアイスショーで表現者として活躍できる。その点では恵まれている。しかも、引退発表後のメディアの大騒ぎを見れば、彼女は今の日本で最も商品価値の高いタレントといえるだろう。アイスショーだけでなくテレビでもCMでも引っ張りだこになる。引退後のキャリアに何の心配もない。ただ、そんなことは別にして、アスリートがセカンドキャリアに臨むとき、最も大切なことは競技生活ときちんと決別することだという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアスケートコラム

五輪関連コラム

チームニッポン大変革 一覧

フォローする
昨年12月のW杯1000メートルを世界新で制した小平奈緒(右)と2位の高木美帆。五輪でもこんなシーンがあるか=共同共同

 平昌冬季五輪がまもなく開幕する。北朝鮮の参加をめぐる影響やロシア勢のドーピング問題による混乱など、かつてないほどの不安要素を抱えているが、日本選手の活躍に関していえば見どころ満載で楽しめる大会となり …続き (2/7)

競技団体がアスリートに対する意識を変える必要がある(日本カヌー連盟の成田昌憲会長=右=と握手する小松正治選手)=共同共同

 新年早々、スポーツ界で不祥事が続いている。カヌーでライバル選手のドリンクに禁止薬物を混入させるという前代未聞の事件に驚かされたと思ったら、今度は競泳の代表合宿で先輩から後輩への暴力が明らかになった。 …続き (1/24)

記者会見で頭を下げる日本カヌー連盟の古谷専務理事(左)ら=9日午後、東京都渋谷区

 危惧していた事態が起きてしまった。2017年のカヌー・スプリント競技の日本選手権で同年の世界選手権にも出場した男子選手がライバルとなる選手の飲み物に禁止薬物を混入させた事件が発覚した。被害選手はドー …続き (1/9)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]