2019年6月17日(月)

日本ラグビー勝利への扉

フォローする

サンウルブズ、今季初勝利導いた陰の工夫と進歩

(1/2ページ)
2017/4/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

スーパーラグビーに参戦2年目となるサンウルブズは、8日のブルズ戦で今季の初白星を挙げた。優勝3度を数える南アフリカの名門を相手に、若手が多い布陣での勝利。サンウルブズというチームの意義を一つ証明する試合にもなった。

もろさ目立つ防御を修正

「ディフェンスの勝利だった」と田辺淳コーチは振り返った。殊勲者の一人、SH田中史朗も「勝因はディフェンス」と声をそろえる。開幕以来、もろさが目立っていたサンウルブズの防御だったが、3つの局面で明らかな進歩が見られた。

3月、パワフルな南ア勢との3連戦で苦しんだのが、密集の横に突っ込むFWの力攻めへの対応だった。サンウルブズのFWの平均体重は南アのクラブより4~5キロほど小さい。もともと不利な局面であるのは確かだが、チームで最も軽いSHが何度も突進の標的になっていたのも痛かった。

「SHとの連係の取り方を変えた」とある選手。ブルズ戦では密集の両脇をFWがきっちり固めることで、SHがタックルに入った回数は前戦の13回から4回に激減した。

守備網の綻びを繕っただけではない。「トラップも仕掛けた」と別の選手は話す。密集の横を監視すべきFWは時折、あえてやや外側に立った。隙あり、と走り込む相手を後方の味方との連係で仕留めるためで、首尾良くボール奪取につながったシーンもあった。

同様に苦戦してきたラインアウトからのモールでも、意思統一の取れた防御で対抗した。そもそもモールを組ませないようにあえてタックルに入らなかったり、逆に低く素早く押して抵抗したり。80分を通して大幅に押される場面はなかった。

3つ目の改善点は、味方がキックした後の追走である。従来は前へ詰めるスピードが鈍く、周囲の味方との連係も不十分。カウンターからたびたびトライを許してきた。

この日はまず2人が素早く前進し、ボールを持つ相手を挟むようにしてタックル。他選手は後方に第2層の防御ラインを形成しつつ、外に広がる。次の展開に備えて、グラウンド上の隙間をなくすためだ。おかげでカウンターからのピンチは大幅に減った。

若手の「心」の成長には経験豊富なメンバーも一役買っている=共同

若手の「心」の成長には経験豊富なメンバーも一役買っている=共同

キック後のチェイスの改善に努めてきたのはここ2週間のこと。密集周辺の守備に至っては僅か1週間での手当てだった。短期間でものにできた理由はコーチ陣の指導力もあるが、選手自身の修正力や対応力の向上を証明しているのだろう。

若い選手の意識にも変化

ブルズ戦で先発したFW8人の平均年齢は25.5歳という若い布陣だった。スーパーラグビーという1つ上の舞台で戦うことで、若い選手の意識が変わりつつある。

「毎日、練習中の自分のプレーや対戦相手の映像を見て確認している。自分が一番変わったのはそこ。ようやくアスリートらしくなりましたかね」。今年スーパーラグビーにデビューしたフランカーの徳永祥尭は笑う。

サンウルブズでは、練習中の各選手のプレーを15~20分の映像にまとめ、すぐにアプリで見ることができるシステムがあるが、「仏作って魂入れず」では宝の持ち腐れに終わるところだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日本ラグビー勝利への扉 一覧

フォローする
ニュージーランドとのテストマッチでは、スクラムでマイボールを1度しか失わなかった

 2019年のワールドカップ(W杯)に向け、ラグビー日本代表の成長が明らかなプレーがスクラムである。選手一人ひとりは小さく、力でも劣るが、日本式の細部にこだわる組み方で堅固な土台を築き上げている。自分 …続き (2018/12/28)

日本の反則数は前半1つだったが、後半は9つまで増えた=ロイターロイター

 ラグビー日本代表は17日のイングランドとのテストマッチで15―35と完敗した。得点経過やデータだけを見ると、前半と後半の日本はまるで違うチームだったかのようにも思えてくる。
 前半は15―10と日本の …続き (2018/11/21)

ハイボールを競り合うリーチ(中央奥)。ニュージーランドは落下地点の前に妨害役を配置するなど日本の戦術を研究していた

 ラグビー日本代表は3日のニュージーランド戦で31―69の完敗を喫した。日本はこのカード過去最多の5トライを挙げたが、ワールドカップ(W杯)2連覇の王者の“うまさ”を前に、課題も多く出た。 …続き (2018/11/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]