日本ラグビー勝利への扉

フォローする

サンウルブズ、今季初勝利導いた陰の工夫と進歩

(2/2ページ)
2017/4/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

若手の「心」の成長には、経験豊富なメンバーも一役買っている。その筆頭が、ブルズ戦の1週間前にチームに合流した32歳の田中。試合当日の緩急を付けた球出し、試合運びも見事だったが、「司令塔」としての役割は練習中から果たしている。

ブルズ戦前半でトライを決めたウォーレンボスアヤコは21歳=共同

ブルズ戦前半でトライを決めたウォーレンボスアヤコは21歳=共同

「仲間を信じて横に広がろう!」「こういうプレーはもうやめよう!」――。キックした後のチェイスの練習中、誰よりもよく通る声で指示していたのが田中だった。2015年ワールドカップ(W杯)の日本代表から変わらない光景である。

その存在に徳永はこう感謝する。「経験のある選手は気づくところがより細かい。基本スキルをより細かく意識しているし、僕らが気づかないような練習の意味や(プレー中の)コミュニケーションの重要性を強く言ってくれる。疲れたら忘れがちになることを、何度も何度も言ってくれる」

ブルズ戦でフル出場した徳永は25歳になったばかり。同じくフランカーとして先発した松橋周平は23歳で、ナンバー8のラーボニ・ウォーレンボスアヤコは21歳。サンウルブズではFW第3列の新鋭が貴重な経験を積んでいる。

6月に3試合を戦う日本代表。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、リーチ・マイケルとツイ・ヘンドリック、アナマキ・レレイ・マフィがチームに合流すると説明した。海外のスーパーラグビーのクラブに所属する3人であり、15年W杯のFW第3列の主力である。

そこに割って入るのは簡単ではないが、若手の方も気後れはしていない。「1つ勝ったことで自分がやっていることが正しい、世界に通用するという自信につながった」と松橋。「競争は激しいけれど、自分の持ち味を生かしてアピールしたい。ジェイミーのやろうとしているラグビーに触れる時間も僕たちの方が長い」と徳永も対抗心を燃やす。

日本代表のジョセフHCは選手層が厚みを増してきたことを喜ぶ=共同

日本代表のジョセフHCは選手層が厚みを増してきたことを喜ぶ=共同

19年W杯日本大会を目指す選手の層が厚みを増してきたことに、ジョセフHCも目を細める。「(就任直後の)昨年9月に初めて代表の練習を行ったとき、『15年W杯のメンバーが何人も引退した』という記事が出ていた。しかし、6カ月がたって今や新しいチームをつくり上げることができた」

2つの白星に一つの共通点

ブルズ戦はサンウルブズにとって、スーパーラグビーでの通算2勝目になった。2つの白星には一つの共通点がある。

ブルズは本拠地の南アフリカからニュージーランドに遠征し、2試合を戦った直後の来日だった。昨季破ったジャガーズ(アルゼンチン)も、ニュージーランドで3連戦した後に東京にやってきた。両チームに頻発したミスがサンウルブズの勝利の一因だったことは事実である。

スーパーラグビーで頭一つ抜けるニュージーランド勢との敵地での連戦が、どれだけ厳しいかという一つの証明なのかもしれない。今度はサンウルブズが初めてその試練に挑む。14日からニュージーランドの3チームとアウェーで対戦した後、ブエノスアイレスまで飛び、ジャガーズとぶつかる。いずれも厳しい試合になるのは間違いない。だからこそ若い選手が得られるものもまた多いはずだ。

(谷口誠)

日本ラグビー勝利への扉をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日本ラグビー勝利への扉 一覧

フォローする
後半、スクラムを組む日本のFW陣。安定したセットプレーは勝因の一つだった

 自国開催のワールドカップ(W杯)への、一里塚になり得る試合だった。ラグビー日本代表は今年初の公式戦でフィジーに快勝。9月の本番に向け、チームの「幅」の広がりを感じさせる試合となった。
 7月27日のリ …続き (8/1)

パリ大会1次リーグのスコットランド戦では健闘を見せたものの、ラストワンプレーで逆転された(日本ラグビー協会提供)日本ラグビー協会提供

 東京五輪のメダル獲得を目指すラグビー7人制の男子日本代表が岐路に立たされている。国際大会ワールドシリーズ(WS)の全大会に出場できるコアチームから降格。強豪国との対戦機会が減り、強化策の修正を迫られ …続き (6/28)

サンウルブズは今季2勝14敗で、スーパーラグビーの最下位に沈んだ=共同共同

 スーパーラグビー(SR)、サンウルブズの今季は厳しいものだった。9月開幕のワールドカップ(W杯)に臨む日本代表との兼ね合いで陣容は手薄になり、最下位に沈んだ。2021年にSRから除外されることも決定 …続き (6/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]