2019年9月21日(土)

駆ける魂

フォローする

「すべては公のために」 大分トリニータ神村昌志(下)
経営改革室長

2017/4/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

大阪大学文学部英文科からリクルート(現リクルートホールディングス)に進み、1年間、就職情報誌の広告営業をした。営業成績は全くふるわなかったという。

1986年、新設されたロサンゼルス事務所の駐在員の社内公募に応じ、全米の大学を回って日本人留学生を探し、求人情報を届ける仕事に就いた。その頃から企業がグローバルな人材を求めるようになっていた。

アウェーの試合で観光案内を配るなど、大分県のアピールにも力を入れる

アウェーの試合で観光案内を配るなど、大分県のアピールにも力を入れる

92年に帰国し、1年を経ず退社。「長く米国にいたので日本のリクルートを窮屈に感じた」と神村昌志は振り返る。国際見本市の主催会社、学術系の出版社で働いたが、長続きしなかった。

人材紹介業からの転身

「オレは何をしているんだ」と苦しんだ末、人材紹介業界への復帰を選び、96年にJACジャパン(現JACリクルートメント)に転じた。2003年に社長に就任。オーナーに「社長の仕事は株価を上げること」と言われながら利益を追求し、求職者、求人企業の声をきめ細かく聞くことで業績を伸ばした。08年には同じく人材紹介のアイ・アム(現インターワークス)に社長として迎えられた。

しかし、06年ころから大きな疑問が生じていたという。「人材紹介業が栄えているのに、日本の労働力の質が落ちたと言われるのはなぜなのだろうと悩み、自己矛盾に陥った」。それとともに関心が公益性、公共性に移っていった。「会社は社会の公器」というが、公って何なのだろう。公のためになるとはどういうことなのだろう。

そのタイミングでJリーグがスポーツビジネス講座を設けるというニュースを目にし、受講を決めた。初代Jリーグチェアマンの川淵三郎や、元日本代表監督でFC今治代表取締役の岡田武史らの言葉が胸に響いた。豊かなスポーツ文化の醸成を理念に掲げるJリーグはまさしく公益性のある存在だ。

想像もしなかった世界に飛び込んで、いわば地方創生を担うJクラブで働くいま、「自分たちが生み出す金は公のためにある」と自覚する。

だからこそ、クラブの収益を伸ばす手立てを考える。改革が手つかずになっているスポンサー営業の強化にこれから取り組む。「営業リスト、営業経過が残っていないし、顧客のターゲティング、看板掲示以外の価値の創出もされていない」

大分県外に本気で営業に出る必要性を感じ、たとえば東京に力のある営業マンを常駐させるプランを温める。「地域密着という理念と県外にスポンサーを求める活動の整合性は取れるはず。すべての社員が大分にいる必要はない。むしろ県外でできることがたくさんある」。試合と観光をセットにした大分プロモーションがその一つ。アウェーの東京V戦では観光案内を配り、「温泉だけでもいいから来てください」と訴えた。

行きつくべき所に行きついたのかもしれない。「公共性とはこういうことなんだ」と毎日、感じている。(敬称略)

〔日本経済新聞夕刊4月12日掲載〕

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

駆ける魂をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
現地でチームの練習場所と時間を調べ、シューズとウエアに着替え先回り

 名刺には「海外サッカー道場破り 1勝15敗」と自己紹介している。元海外プロサッカー選手といっても華々しい戦歴があるわけではない。菊池康平(34)がプロとして契約したのはボリビアの州リーグのクラブ。し …続き (2017/6/18)

日本サッカー協会の夢先生として子どもたちに授業をする=JFA提供JFA提供

 2005年春、菊池康平は明大を卒業し、人材派遣会社パソナに入社した。学生時代の夢とは決別し、その情熱を会社員人生へ――。とはならなかった。
 社会人になっても、夏休みや年末の休みには、ブルネイ、ベトナ …続き (2017/6/18)

鳥栖からの移籍1年目、人生2度目の転機といえる充実の日々を送る

 「今年は改めてキーパーというポジションの奥深さを感じている」。J1のFC東京でゴールを守る林彰洋(30)は楽しげに語る。鳥栖から移籍して1年目の今季、既にチームになくてはならない存在になっている。
  …続き (2017/6/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。