2019年9月19日(木)

フィギュアの世界

フォローする

「フィギュアは私の人生」 浅田真央の一問一答

(1/2ページ)
2017/4/12 14:00
保存
共有
印刷
その他

現役引退を明らかにしていたフィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央(26、中京大)は12日、東京都内のホテルで記者会見し、引退する考えを改めて表明した。引退を決めた理由について、自身最低の12位に終わった昨年12月の全日本選手権後に「もういいんじゃないかなと思った」と説明した。報道陣との主なやりとりは以下の通り。

記者会見で引退を発表する浅田(12日午前、東京都港区)

記者会見で引退を発表する浅田(12日午前、東京都港区)

「2日前にホームページで発表しましたが、また改めてご報告します。選手生活を終える決断をしました。長い選手生活でしたが、たくさんの山がありました。それを乗り越えられたのもたくさんの応援があったから。感謝の気持ちをお伝えできればと思い、このような場を設けさせていただきました」

「もういいんじゃないかな」

――具体的に引退の時期を考えたのは。

「(15年5月に現役続行を表明して)復帰してからいい形でスタートができましたが、そこから練習するにつれて、また試合に出るにつれて、今のスケート界の時代がすごいので、私自身ついていけるのか、気持ちや体の部分で復帰前よりも少しつらいことの方が多くなりました。1シーズンは乗り越えましたが、2シーズン目からはなんとか頑張ろうという思いだけでやってきました。でも最後の全日本選手権で『あ、もういいんじゃないかな』というふうに思いました」

――昨年末の全日本選手権を終えてから3カ月間に迷いがあったか。

「復帰してから掲げてきた、ずっと平昌五輪に出るという目標がありました。(引退と)自分が目標をやりとげなければいけないこととの葛藤がずっとありました」

――いつごろ決心したか。

「全日本選手権が終わって、すべて結果が出たときにもう終わったんだなと思いました。自分が言ってしまったことは最後までやり通してきたので、やらなきゃいけないんじゃないかなという思いが強くて、ここまで(決断が)延びてしまいました」

――達成感はあるか?

「(14年)ソチ五輪を最高の形で終えることができましたが、自分の体も気持ちもやれるという思いがあったので復帰しました。実際、挑戦してみてもう体も気力も全部出し切ったので、今は挑戦したことに何も悔いはありません」

――昨年末の全日本選手権ではトリプルアクセルに挑んだ。

「最後になるのかなって。気持ちはソチ五輪のときほどではなかったけれど、最後トリプルアクセルに挑戦して終えられたことは自分らしかったかなと思います」

「この道選んできたのも自分」

――現役生活で一番楽しかったこと、つらかったことは?

「小さいときは技ができるようになったとき、楽しい気持ちになりました。2回転を跳べたら、次は3回転を跳びたいということが楽しかったです。この道を選んできたのも自分ですし、自分がやりたいと思ってやってきたのでつらいと思ったことはありません」

――2度出場した五輪を振り返ると。

「バンクーバー五輪では19歳でしたが、10代で若くて気が強くて、気持ちだけで乗り越えてきたなという感じがします。ソチ五輪はショートプログラムが残念な結果だったので、すごくつらい試合でしたが、フリーでは最高の演技で終えることができました。4年間の思いを全てフリーの演技4分間に注ぎ込めたと思っています。今後の人生においてもすごくいい経験だったり、いい思い出だったりすると思います」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。