/

この記事は会員限定です

イオンもセブンも 過熱する顧客の「時間と居場所」争奪戦

[有料会員限定]

店内に客席があるスーパーやコンビニエンスストアが増えてきた。飲食できることが多いため、外食店と小売店による「胃袋の争奪戦」の象徴ともみられている。だが客席を用意して各社が奪い合っているのは、消費者の胃袋だけではない。いかに貴重な時間を過ごしてもらえる場所になるか――。起きているのは「時間と居場所」の争奪戦だ。

旧ダイエーの旗艦店舗が変身

世間の耳目を集めたスーパーが、3月30日に新装開業した。東京都目黒区のイオンスタイル碑文...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2096文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン