/

この記事は会員限定です

米カーシェアVBトップが語る「トヨタと組んだ理由」

[有料会員限定]
 所有からシェア(共有)社会へ。消費の変化に乗り遅れまいとする自動車業界はシェアリング関連サービスのベンチャーとの提携を加速している。トヨタ自動車はライドシェア(相乗り)大手の米ウーバーテクノロジーズと提携を進める一方で、2016年10月に個人間のカーシェアリングの米ゲットアラウンド(カリフォルニア州)への出資を発表した。来日したゲットアラウンドのサム・ゼイド創業者兼最高経営責任者(CEO)にシェアリングの浸透で車社会がどう変化するか、展望を聞いた。

ゲットアラウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2851文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン