「Googleで男女間の著しい報酬格差」、米労働省が証言

2017/4/11 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米労働省(DOL)は米Google(グーグル)を相手取った訴訟の裁判で現地時間2017年4月7日、Googleが女性従業員に対して組織的な報酬格差を適用したことを確認したと証言した。これを報じた英紙ガーディアンによると、DOLはGoogleが雇用関連の連邦法に違反したと主張している。

DOLは2017年1月にGoogleを提訴した。Googleが政府機関と契約しているため、DOLは通常の手続きの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]