シリア攻撃は化学兵器使用への「けじめ」 編集委員 高坂哲郎

(1/2ページ)
2017/4/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シリア内戦で化学兵器を使用したとされるシリア軍に対し、米軍が巡航ミサイルによる攻撃に踏み切った。軍事作戦の背景としてはさまざまなことが考えられるが、見過ごせないのは、化学兵器を含む「大量破壊兵器が普通に使われる世界」の到来を何とかして阻止したい米軍の強い危機感があったことだ。

■米軍、湾岸戦争時から警戒

大量破壊兵器といえば、核兵器や生物兵器などもあるが、化学兵器は中でも容易に作り使用しやすい兵器…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]