2018年8月19日(日)

リサイクルよりアップサイクル 不用品活用に新発想

(1/2ページ)
2017/4/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 不用品に価値を加えて販売する「アップサイクル」が増えている。古着店運営のドンドンアップ(盛岡市)は店舗の内装を作る際に出る木材を家具にして、昨秋に売り出した。繊維メーカーの三星グループ(岐阜県羽島市)は工場で余る糸を使った雑貨を販売する。捨てていたものを使う「新しい発想」を消費者に訴え、廃棄物処理のコストも抑える。

■店舗改装で出る廃木材を使って家具を製作

 リサイクルならぬアップサイクル。その発想…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報