/

この記事は会員限定です

セブン&アイの井阪社長「米社買収は投資を回収してあまりある」

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが6日発表した2017年2月期の連結営業利益は前の期比3%増の3645億円と、6期連続で最高益を更新した。コンビニエンスストアや専門スーパー事業が業績をけん引した。同日、アメリカでコンビニエンスストアなどを展開するSunoco LP社の買収も発表した。記者会見した井阪隆一社長は「米社買収は投資を回収してあまりあるものになる」と述べた。主なやりとりは以下の通り。

――米社を3659億円で買収すること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン