/

この記事は会員限定です

会議は「ぜいたく」 SNSで合意形成する丸亀製麺

[有料会員限定]
日経情報ストラテジー

働き方改革で在宅や社外で自分の都合のいい時間に働く社員が増える。あるいは事業範囲の拡大に伴い、プロジェクトメンバーが国内外に広がる――。こうした環境では、会議のために人を集めることは難しい。関係者が一堂に会するリアル会議は「ぜいたく」なものになりつつある。うどん店「丸亀製麺」などの外食チェーンを運営するトリドールホールディングスもそうした企業の一つ。同社はリアル会議の多くを、社内SNSで代用している。

1000店にiPad配布、会議はSNSへ

リアル会議を開催しづら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン