/

この記事は会員限定です

CO2から有機物 「人工光合成」植物超えの高効率も

[有料会員限定]

植物による光合成をまねる「人工光合成」の技術開発が加速している。光合成は光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素(CO2)から酸素と炭水化物を作る。炭水化物は植物の茎や葉などになる。人工光合成は、光のエネルギーを生かしてCO2から有機物を作る。燃料やプラスチックなどの原料になる有機物を作れれば化石資源の利用を減らせる。

米国や欧州も開発に挑むが、日本の研究は有機物の種類の豊富さなどでトップクラスとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン