2018年12月15日(土)

CO2から有機物 「人工光合成」植物超えの高効率も

(1/2ページ)
2017/5/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

植物による光合成をまねる「人工光合成」の技術開発が加速している。光合成は光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素(CO2)から酸素と炭水化物を作る。炭水化物は植物の茎や葉などになる。人工光合成は、光のエネルギーを生かしてCO2から有機物を作る。燃料やプラスチックなどの原料になる有機物を作れれば化石資源の利用を減らせる。

米国や欧州も開発に挑むが、日本の研究は有機物の種類の豊富さなどでトップクラスと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報