/

苦戦のサンウルブズ、チームの大義をもう一度

スーパーラグビーで開幕5連敗を喫している参戦2年目のサンウルブズ。勝ちきれない試合が多いが、中身を見ると、様々な点で昨年よりよくなっている。

特に攻撃面。いいボールを確保できたときには、効果的に前進できている。ランで前進した距離は1試合平均518メートルで、18チーム中の4位につけている。

相手の傾向に合わせて効果的なサインプレーを使えているし、選手の特長も生かすことができている。ロックのリアキ・モリを筆頭に、FWの第2、第3列にはパンチ力のある選手が多い。福岡堅樹、江見翔太、中鶴隆彰、ジェイミージェリー・タウランギという、今季新加入のメンバーで組むバックスリー(両WTBとFB)もスピードがある。

昨季苦戦したセットプレーも大幅に改善している。昨季はスクラム専門コーチが不在であった。今季はヤマハ発動機で強力スクラムを育てた長谷川慎コーチの参加により、スクラムではマイボールを全て確保できている。

ラインアウトの獲得率も上がった。キックオフも、マイボール時にボールを再確保して攻めるための選択肢を増やすことは必要だが、全体的には悪くない。

組織で守る意識を高めて

それでも勝てないのは、いくつかの理由がある。

昨季からよくなっていないのがタックルの成功率で、全チーム中の最下位のままだ。

ディフェンスは今季から戦術を変えた。密集からやや離れた位置に立つFWの選手や、バックスの外側の選手が前に飛び出す。日本代表が昨秋から取り組んでいるのと同様の形で、相手にプレッシャーをかけ、外のスペースにボールを展開させないようにする狙いがある。

DFシステムの変更に加えて新しい選手が多いサンウルブズにとっては、防御ラインから前に上がるときのコース取りがこれまでと違うので、慣れるまでに時間がかかっているようだ。周囲との呼吸が合わず1人で前に飛び出してしまったり、防御ラインに穴ができてしまったりするときがある。

2015年のワールドカップ(W杯)の日本代表でも気をつけていたことだが、体格で海外勢に劣る日本のチームは守備時に相手選手と1対1になってしまうと厳しい。運動量を増やして、組織で守る意識を高めてほしい。

サンウルブズが今季増やしているキックの後の守備にもやや難がある。

日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が目指しているのは、「アンストラクチャー」と呼ばれる、互いの陣形が乱れた状態からの攻守である。その手段として重視しているのがキックなので、サンウルブズでも多く蹴るのはわかる。

ただ、いつ蹴るという判断をチームとして共有できていない場面がある。明確な意図がなく蹴ってしまうと、追いかける選手が少なかったり、周囲と連係して防御網をつくれなかったりする。特に、後半の終盤など疲労がたまっている時間帯にその傾向が強い。

一部の選手のタックル力など個人の課題もある。3月のチーターズ(南アフリカ)戦やストーマーズ(同)戦では、密集周辺でFWがボールを拾って突進する攻めにずるずる後退して、トライを奪われた。この単純な攻撃に対応するには、個のパワーやタックル力は必須になる。

それでも、試合中に取り得る対策もあった。自陣深くで相手にボールを渡すとパワーで攻められるのだから、サンウルブズはなんとしても敵陣でプレーし続けなければならなかった。しかし、不要な反則や何でもないミスから、簡単に自陣に攻め込ませてしまった。

ここからサンウルブズの抱えるもう一つの課題が浮かび上がる。各選手のマインドセット(考え方)やモチベーションに差があるのではないかということである。

今季は15年W杯のメンバーら、一部の主力を交代でチームから離脱させ、休養を与えている。年間の出場試合数を減らしてケガを防ぐためである。その理由は、6月に試合を控える日本代表の強化につなげることがサンウルブズの目的であるからだ。その分、サンウルブズというチームが勝つための「大義」が見えてこない。

ラグビーの反則には防ぎようのないものもあるが、戦う大義や、その試合の目的をチーム全員が共有できていれば、不要な反則というものは減っていくものである。

リーダーシップを発揮できるメンバーが欠けているのが痛い。今季、主将に就任したオーストラリア人のエドワード・カークはプレーでリードするタイプである。言葉でもリードするリーダーが欲しい。共同主将の立川理道は故障でまだ1試合もプレーしていない。昨季の主将である堀江翔太も体調を整えるために離脱している。

選手の話し合いの場欠かせず

1つの対策として、週に1度でもチームで話し合いの場をつくるのもいいと思う。ミーティングでもいいし、選手だけで少し集まって話すだけでもいい。自分たちは何を大事にして戦うのか、互いに意見を出し合えば徐々によくなってくるのではないか。

8日にホームの東京・秩父宮ラグビー場でブルズ(南アフリカ)を迎え撃つ一戦はチャンスがある。どの地域で戦うかというエリアのマネジメントをしっかりして、セットプレーでうまくボールを確保できれば、攻撃は通用する。

主力を休ませながら戦うのは、日本ラグビー界の構造的にやむを得ない面がある。日本代表とスーパーラグビー、トップリーグと3つのカテゴリーの試合に全て出ることは体力的に難しい。

ニュージーランド代表の選手は国内リーグを中心に休養をとっているが、日本の場合、国内のトップリーグに所属する企業チームが日本ラグビーを支えてきた。そのため選手自らが休養を申し出ることは簡単ではない。

諸事情があることは理解しているが、例えば、代表チームの活動期間である11月にトップリーグの試合を行うことになれば、代表選手の負担は減り、新しい選手にもチャンスが生まれる。

今後、日本ラグビー協会で発足するアスリート委員会や、日本ラグビーフットボール選手会で議論しながら、ラグビー協会に対して日本ラグビーが発展するためのアイデアを提案していきたい。

さきほど、サンウルブズの選手一人ひとりが戦う意義をもう一度確認してほしいと書いた。これは、僕が今季からバックスコーチを務めることになった東芝にも当てはまると感じている。

何のためにラグビーをやっているのかという考え方について、温度差がある。昨季は過去最低の9位になったことに対して、もう一度自分たちに矢印を向ける必要がある。

今年は各自の心構えや、毎日の練習にどうやって臨むのかといったことをもう一度作り上げようとしている。まだチーム全体の練習は始まったばかりだが、アンケートで選手の考えを聞いたり、選手同士でも話し合ってもらったりしている。今年はもう一度、チームの存在意義を確かめて戦っていきたい。

(元ラグビー日本代表主将)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン