/

この記事は会員限定です

シェアリングで次世代水産業 三陸漁師の挑戦

地域を救うシェアリングエコノミー(3)

[有料会員限定]

東日本大震災の被災地である宮城県三陸沖の若手漁師を中心に立ち上げた一般社団法人「フィッシャーマン・ジャパン」。漁業を「カッコよくて、稼げて、革新的」にするとうたい、インターネットをフル活用した通販など、次代の水産業を作り上げていくことに取り組む。疲弊した三陸の浜を活性化させるため、漁師だけでなく食品加工、マーケティングなど含めた漁業を支える様々な職種の人を指す「フィッシャーマン」を1000人生み出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン