エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

駅の食品残さが15億円生む JR東日本、環境で新事業

2017/5/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 JR東日本がJFEエンジニアリングなどと共同で設立したJバイオフードリサイクル(横浜市)は2017年5月、バイオマス(生物資源)発電プラントの建設に着工する。投資額は約30億円。2018年8月に運転を開始する予定だ。

 プラントの処理能力は最大で1日80t(トン)である。発電量は年間で約1100万kWhを見込む。発電した電力を、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づいて、JFEエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

軽量化した「黒霧島」720ミリリットル瓶

売電2.5億円 霧島酒造、食品廃棄物でバイオガス発電 [有料会員限定]

食品廃棄物の削減・処理とリサイクル、再生可能エネルギー発電による売電の“一石三鳥”を狙う技術が普及し始めた。工場や、飲食店から出るバイオマス(生物資源)である生ゴミを使う「バイオガス発電」だ。…続き (8/18)

グーグルも本気 「持続可能なシーフード」実現へ [有料会員限定]

 「米トランプ大統領のパリ協定離脱表明には失望した。気候変動は水産資源の持続可能性にも影響を及ぼす。米国の企業や州、NGOは協力して温室効果ガス排出量を削減していく」。

 米小売り最大手ウォルマート・ス…続き (8/30)

キユーピー、食品ロス減へ マヨネーズ賞味期限を延長 [有料会員限定]

 まだ食べられるはずの食品が廃棄される「食品ロス」。世界では毎年13億トンが廃棄されており、社会問題となっている。日本では2014年度に621万トンの食品ロスが発生しており、これは全世界の食糧援助量の…続き (7/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月23日(土)

  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由
  • ゲームの真髄は「身体性」―Niantic川島氏×スクウェア・エニックス三宅氏【対談】

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト