2019年8月24日(土)

ボール任せ 風任せ

フォローする

マスターズ開幕へ 松山、新時代の扉こじ開けよ
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2017/4/6 6:30
保存
共有
印刷
その他

スローペースだった桜前線がスピードを上げて北上し、いよいよ春本番。待ちに待ったゴルフシーズン到来である。これに合わせたかのように、米ジョージア州のオーガスタナショナルGCで6日、男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントが開幕する。

四大大会の中でもっとも歴史の浅いマスターズをゴルファーたちがワクワクし、心待ちにするいちばんの理由は「世界で最も美しいゴルフコース」オーガスタナショナルで行われるからだ。

開催コース、ゴルファーの憧れ

全米オープン、全英オープン、全米プロの3大会は開催コースが毎年変わるのに対し、マスターズは1934年の第1回大会から80年以上、オーガスタナショナルで開かれている。

30年にアマチュアながら当時の四大大会を同一年で制したボビー・ジョーンズ(米国)がほれ込んだ土地に、アリスター・マッケンジー(英国)が設計した18ホール。テレビの画面を通じても十分にそのきれいさが伝わってくるが、実際にコースに足を踏み入れた人は一瞬、息をのむほど感動するという。まさに、ゴルファーなら「一度は見てみたい、回ってみたい」憧れのコースで行われる。

マスターズがこれほどまでに名声を得たもうひとつの理由に、アーノルド・パーマー(米国)の存在があった。昨年9月25日に87年の生涯を閉じたパーマーは55年の初出場(10位)以来、74歳の2004年まで、50年連続出場の記録を持っている。

優勝4回(58年、60年、62年、64年)は、タイガー・ウッズ(米国)と並んで歴代2位。ジャック・ニクラウス(米国)の6回には及ばないが、パーマーの出現と活躍がマスターズの名を一気に高め、不動のものにした。

それまでのゴルフトーナメントは、野球やフットボールの圧倒的な人気の陰にかくれていたが、パーマーの登場でファンがコースに詰めかけ、テレビ中継も始まり、プロスポーツ興行として確固たる地位を築いた。その最高の舞台がマスターズであり、オーガスタナショナルだった。

マスターズがパーマーを育て、パーマーがマスターズを有名にした――といわれるゆえんでもある。しかし、パーマーはもうオーガスタナショナルに来ない。今年のマスターズでは、パーマーをしのぶメモリアルイベントが行われるだろう。

30年代の草創期を経て、パーマーが50年代後半から人気のある大会にし、60~70年代のニクラウス、70年代から80年代にかけてのトム・ワトソン(米国)、さらに90~2000年代のウッズら、折々の名選手たちが引っ張ってきた。その最大の象徴ともいえるパーマーがいなくなり、ウッズも欠場する17年は「新しい時代」がスタートするような気がしてならない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。