/

この記事は会員限定です

小2から母が猛特訓 アイスホッケー中村亜実(中)

[有料会員限定]

中村亜実がアイスホッケーを始めたのは小学2年のときだ。2歳下の弟と一緒に地元・青森県八戸市のチームに入った。氷上を走り回るのは楽しかったが、「小学校時代は友達と遊んだ記憶があまりない」という。

母・厚子による特訓がその理由だ。チームの練習は午前5時からなのに、4時ごろにはスケートリンクにいた。照明のついていない暗がりの中、ひたすら滑った。「全体練習の前に母が『はい30周走りなさい』と。本当にスパル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン