勝負はこれから

フォローする

強かったキューバ野球どこへ? 五輪競技存続に影
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/4/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

あの強かったキューバはどこへ行ったのか――。2次リーグで姿を消したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での戦いぶりに「赤い稲妻」と恐れられた往時の面影はなかった。独特の存在感を示してきたキューバの衰退は2020年東京大会から先の五輪競技としての存続問題に、微妙な影を落とすかもしれない。

野球界の多様性担う独自路線

あまり練習を公開しないキューバの投手たちが、珍しくグラウンドに出てきたと思ったら、一斉にタオルを持ってシャドー・ピッチングを始めた。06年のWBCのひとこまだ。

日本の高校生のような練習にトップ選手全員で取り組んでいるのが面白く、五輪などで世界に君臨してきたキューバ野球の秘密の一端がうかがえた。

WBC2次リーグで1勝もできずに敗退し、肩を落とすキューバベンチ。左端はマルティ監督=共同

WBC2次リーグで1勝もできずに敗退し、肩を落とすキューバベンチ。左端はマルティ監督=共同

この大会、決勝で日本に6-10で敗れたものの、1-6から一時は1点差まで追い上げる粘りをみせた。五輪の3つの金メダル(1992年バルセロナ、96年アトランタ、04年アテネ)など、数々の実績を残してきた伝統の力に、日本も肝を冷やしたものだった。

キューバが今回のWBCで配布した資料によれば、社会主義革命がなされた1959年から3年後には米国の影響下に発展したプロリーグを廃止し、独自路線を歩んできた。

国策としてメダル獲得作戦を進めた旧東ドイツなど、社会主義体制国家との親交から、科学的トレーニングも取り入れたとされる。これにモノのない社会情勢のもとではぐくまれたとみられる鍛錬法が組み合わされ、独自のスタイルが生み出されていったらしい。

かつてキューバを訪れた野球評論家の豊田泰光氏は選手が床に書いた平均台の幅のコースから、はみ出さないようにして歩くのをみた、と話していた。バランス感覚を養うためのトレーニングだったのかどうか、そこにはとにかく異色の光景が広がっていたという。

体のバネを生かしたプレーの切れ、決してあきらめない戦いぶり、体制を分かつカーテンの向こう側の謎めいた雰囲気。その野球は米国とも、アジアの野球とも違う一つの極を成し、野球界の多様性を担ってきた。

WBC2次リーグ3戦全敗

そんなキューバがどうしたことか。今回のWBCではアルフレド・デスパイネ(ソフトバンク)の豪打、中堅守備で驚嘆のスピードを見せたロエル・サントス以外に目立つ選手もなく、2次リーグで3戦全敗に終わった。

特に投手陣が貧弱だった。09年のWBCに、キューバの一員として参加していたアロルディス・チャプマン(ヤンキース)らのメジャーへの流出により、手薄になったといわれる。

トランプ米政権の誕生で、オバマ政権下で進んだ関係改善の動きが後退する可能性もあるようだ。しかし、もし米国との融和が進むとすると、選手の行き来も自由となり、野球もあっという間に米国的な色に染まりそうだ。それはそれでちょっと寂しいことだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

WBCコラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

来季からヘッド兼打撃コーチに就任する小笠原道大さん(右)と日本ハムの栗山英樹監督=共同共同

 侍の魂が、日本ハム・清宮幸太郎の飛躍をもたらすか――。中日の2軍監督を退任、14年ぶりに古巣に復帰し、ヘッド兼打撃コーチとなる小笠原道大さん(46)は現役時代、「言い訳無用」といった「剛の者」の香り …続き (10/29)

第2戦の一回、先制を許した今井(右から3人目)のもとに集まる西武ナイン=共同共同

 リーグの覇者、西武としてはあまりにつらいクライマックスシリーズ(CS)敗退だった。だが、菊池雄星、浅村栄斗が抜け、昨季最多勝の多和田真三郎も不調、という試練を克服するなかで、チームの新しい形も見えて …続き (10/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]