/

この記事は会員限定です

円相場、米中首脳会談に円高リスク

経済部 三田敬大

[有料会員限定]

円高を懸念する見方がじわりと広がっている。昨年11月以降のトランプ相場に乗って進んだ米金利上昇とドル高に伴う円安が一服。米連邦準備理事会(FRB)による米利上げのペースが加速するとの見通しも持ちづらい。需給面からも「期初の輸入企業の円売りのほかは手がかり材料難」(国内証券)というなか、市場参加者は6~7日の米中首脳会談などの政治リスクを気にしている。

3日午前の東京外国為替市場で円相場は1ドル=1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン