/

この記事は会員限定です

貧しきルーツに華麗な人脈 テンセント馬CEO

呪縛を超える(2)

[有料会員限定]

今や時価総額は、アジア最大の30兆円超――。アリババ集団をしのぎ、中国のネット業界の主役に躍り出た騰訊控股(テンセント)。率いるのは、馬化騰・最高経営責任者(CEO)、45歳だ。地元の中国メディアにも距離を置き、巨大企業のトップながらも、公に姿を見せることを決して好まない。なぜそうした態度を取るのか、その理由さえも分からない。素性の多くはベールに包まれる。彼は一体、何者なのか。

3月中旬、馬の謎に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン