/

この記事は会員限定です

「ひふみマザーファンド」の残高1800億円に

[有料会員限定]

独立系の投資信託運用会社であるレオス・キャピタルワークスの運用残高が急増している。同社が直販する「ひふみ投信」と地方銀行や地場の証券会社などを通じて個人投資家に提供している「ひふみプラス」、確定拠出年金向けの「ひふみ年金」の資産を運用する「ひふみ投信マザーファンド」の運用残高は3月28日に1800億円に達した。

同社は個人投資家に積み立てで投資信託を購入するメリットをアピールしてきた。2008年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン