2019年9月17日(火)

鴻海、アップルも注視 中国で急成長「自転車シェア」
山田 泰司 EMSOne

(1/2ページ)
2017/4/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

上海、北京、広東省広州など、中国の大都市では2016年から「自転車シェアリング」が爆発的に増殖している。騰訊科技などの中国メディアが2017年3月9日付で中国自転車協会の統計として伝えたところによると、既に全国30強の都市で自転車シェアリングを導入しており、台数の合計は200万台。うち上海は45万台で、1都市の規模としては世界最大。中国全土で参入企業は15~20社だという。

図1は、上海市内に駐輪された自転車シェアリング用の自転車である。提供している企業ごとに、黄色、オレンジ、水色等々フレームカラーやスタイルを変えて特徴を出している。このおびただしい数と色を見れば、確かにものすごい勢いで普及していることが分かると思う。

図1 路上に駐輪された自転車シェアリングの自転車。IKEA前の写真(左)で2人が乗っているのも自転車シェアのもの(上海市内)

図1 路上に駐輪された自転車シェアリングの自転車。IKEA前の写真(左)で2人が乗っているのも自転車シェアのもの(上海市内)

自転車シェアリングは、日本でも導入する自治体が増えている。中国と日本を比較すると、同じ所もあれば、全く違うところもあって面白い。利用料金が掛かることや保証金が必要なこと、利用料金を電子マネーやクレジットカードで払うところなどは同じだ。最も違うのは、自転車の乗り捨て方だろう。

図2 横浜市内の自転車ポート

図2 横浜市内の自転車ポート

図2は、横浜市の自転車シェアリング「横浜コミュニティサイクルbaybike」の自転車ポートだ。自転車シェアリングといって日本人がイメージするのは、この写真のようなものだろう。

市内何カ所かにある決められた自転車ポートに出向き、設置してあるICカードリーダーに登録したICカードをかざすか、スマートフォン(スマホ)にインストールした専用アプリで受け取った暗証番号をポートに設置してある機器に入力。自転車の施錠を解除し、利用を終えたらまたポートに返却しに行ってクレジットカードなどで料金を支払う、というものだ。

利用の説明文に「どこで乗り捨ててもOKだからとても便利。借りたのと同じ場所に返却しに行く必要はありません」と書いてあっても、もちろん、ポート以外の場所に乗り捨てるのはNGだ。

日本人の感覚なら「そんなこと当たり前だろう」と思うだろうが、中国の自転車シェアリングは自宅前、バス停、地下鉄駅、会社の前、交差点などの路上、コンビニの前などなど、どこで乗り捨てても構わない(図3)。

図3 乗り捨てられた自転車。交差点にポツンと置かれているもの、倒れているもの、など返却の仕方はさまざま(上海市内)

図3 乗り捨てられた自転車。交差点にポツンと置かれているもの、倒れているもの、など返却の仕方はさまざま(上海市内)

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。