/

この記事は会員限定です

JT、崩れる勝利の方程式 医薬事業に重責

証券部 川路洋助

[有料会員限定]

24日、東京都内のホテルで開かれた日本たばこ産業(JT)の株主総会。過去最多となる4505人が参加した総会では、これまでにない光景がみられた。「医薬事業を収益の柱にすべきだ」「医薬でM&A(合併・買収)を仕掛けるつもりはないのか」……。株主からの質問が、本業のたばこ事業よりも収益規模がはるかに小さい医薬事業に集中したのだ。

同社の医薬事業といえば、長年赤字を垂れ流し続けてきたJTの「お荷物」とみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン