/

この記事は会員限定です

IoT社会が問うもの(創論)

ターニャ・リュッカート氏/ティム・バーナーズ=リー氏

[有料会員限定]

あらゆるものがネットにつながる「IoT」の広がりや人工知能(AI)の進化で、社会が大きな変革を迫られている。大量のデータをどう扱うべきか、働き方をどう変えるべきか。ドイツの産業革新を推進する独ソフト大手、SAPのターニャ・リュッカート上級副社長と、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の生みの親で、英科学者のティム・バーナーズ=リー氏に聞いた。

製造業の勢力図、激変 独SAP上級副社長 ターニャ・リュッカート氏

――ドイツでは産業革新につながる「インダストリー4.0」が進んでいます...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン