/

この記事は会員限定です

天皇退位、「先例となる特例法」のガラス細工

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

「先例となる特例法」。天皇退位の立法を巡る超党派協議は、こんな微妙なガラス細工にたどり着いた。被災地慰問など平成流の「象徴としての務め」への国民の共感と、高齢による限界を重く受け止め、退位に道を開く。ただ、「天皇の意思」や年齢などの要件に踏み込むと、憲法違反など様々な難問も出てくるので、恒久法にはしない。その都度、国会が判断する考え方で、象徴天皇制の安定と「人間天皇」の尊厳の両立を探る。

有識者会議、与野党「共通の敵」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン