スペシャル

フォローする

ボクシング・久保、来月世界初挑戦 情熱は消えず

2017/3/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

大学時代に一度はボクシングから離れた男が、プロ12戦目で初の世界戦にたどり着いた。世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級タイトルマッチ(4月9日、エディオンアリーナ大阪)で、王者ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)に挑む同級8位の久保隼(真正)だ。

「趣味はない」とボクシングに全てをささげてきた=共同

「趣味はない」とボクシングに全てをささげてきた=共同

京都市出身の26歳が、中学2年から始めたボクシングをやめたのは東洋大3年の冬。日本歴代2位の12連続防衛中の世界王者、山中慎介(帝拳)や、2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(同)らを輩出した母校の南京都高校(現・京都広学館高)ボクシング部監督の後継者の打診を受けた。ただ、久保には目立った実績がなく、「最初はやる気満々だったけど、偉大な先輩もいっぱいいるし、名門校の跡継ぎは自分には無理だなと」。重圧に耐え切れなくなり、グローブを置いた。

やる気が起きず、生活は乱れた。冬の公園で1週間寝泊まりしたことも。スーツを買っても就職活動は一度もしなかった。競技から離れて気づいたのは「自分にはボクシングしかできない」ということ。復帰への思いが募るなか、真正ジム(神戸市)の山下正人会長から熱心に誘われ、ミット打ちの練習にも付き合ってもらい、覚悟を決めた。「この人の下でもう一回頑張れると思った」と1年ぶりにリングに戻った。

ボクシングに人生の全てをささげてきた。「趣味は全くないし、テレビは一切見ない。遊びにも行かない。お金は必要最低限あればいらないと思っているし、使うこともない」。挫折を乗り越え、大舞台を前に胸に去来するのは、支えてくれた周囲への思い。「会長、ジム、応援してくれる皆さんへの感謝の気持ちとして、ベルトを取りたい」

(金子英介)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
IBF世界ミドル級王者決定戦でセルゲイ・デレビャンチェンコに判定勝ちし、世界王者に返り咲いたゲンナジー・ゴロフキン=APAP

 ボクシングのミドル級のスーパースター、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が敗北寸前の大苦戦――。5日、米ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで行われた国際ボクシング連盟(IBF)世界ミ …続き (10/7)

6月の対戦でジョシュア(左)は4度のダウンを奪われTKO負けを喫した=ロイターロイター

 2019年最大の一戦は中東の地で行われることになった。世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング機構(WBO)ヘビー級王者アンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)と前王 …続き (8/26)

優勝から遠ざかっている阿部一二三にとっては正念場の大会になる=共同共同

 柔道の世界選手権が25日、東京・日本武道館で開幕する。東京五輪の選考レースでも大きな意味を持つ登竜門。なかでも同じ階級に日本選手が2人名を連ねる男女4階級はただ1枚の五輪切符を巡り、ライバルとの激烈 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]