似合うメガネAIが目利き ジンズ、機械判定で売上増

(1/3ページ)
2017/5/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ウエリントンタイプのJINSクラシック コンビネーション:マッチ度87%」――。ユーザーがオンライン上で選んだメガネの"お似合い度"を判定するサービス「JINS BRAIN」を、大手メガネチェーンのジンズ(4月1日にジェイアイエヌから社名変更)が提供している。

約200タイプのメガネを数百人が装着した画像、計6万点をクラウド上に用意し、国内300超の店舗に所属するJINSスタッフ約3000人が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]