/

この記事は会員限定です

「移民」政策はとらない 成功例重ね「名より実」

外国人材と拓く(5)

[有料会員限定]

「いわゆる移民政策をとる考えはない」と安倍晋三首相はなぜ繰り返すのか。「正直怖いところがある」(政府高官)。保守層の反発など世論の反応を読み切れていないというのが実態に近い。

「移民」という言葉は使わない。国内の雇用を脅かさない。小さな成功例を重ねる。「できるところからやっていく」(同)。「名より実」が政権の基本戦略となる。

たとえばこんな例だ。

沖縄県名護市。隣接するホテルと合わせ年5千人がスパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン