/

この記事は会員限定です

エスビー10年ぶり 小袋スパイスで個食とらえる

帰ってきた「ぶり企業」5

[有料会員限定]

東京・大田区にあるスーパー、マルエツ糀谷駅前店。精肉売り場のそばに、エスビー食品の小袋入りスパイスが壁一面につり下げられている。ガパオ、ローズマリーチキン、プルコギ――。食材に混ぜれば、しゃれた料理がすぐに仕上がる。児玉英紀店長は「肉や魚の売り上げも上がってありがたい」と話す。

使い切りで単価は110円程度。この小袋入りの「シーズニングスパイス」が年1割増のペースで売れ続け、エスビーが2017年3月期に10年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン