ロンドンテロで実感した「動乱期の欧州」 欧州総局長 大林 尚

コラム(経済・政治)
(1/2ページ)
2017/3/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロンドンの小紙欧州総局に着任した2014年の春、最初に痛く感じたのは地政学リスクだ。

■なにかと手を出すプーチン氏

欧州・中東・アフリカ発のニュースを私が担当した3年間は、紛争とテロの3年間だった。プーチン・ロシア大統領が仕掛けたウクライナ・クリミア半島の武力併合に始まり、誰が敵で誰が味方か区別がつかないほどにまで泥沼化したシリア内戦、さらには各地で頻発したテロ事件。第2次世界大戦の終結から70年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]