/

この記事は会員限定です

スタートアップ企業、目線は海外へ ユニファは6億人市場へ挑戦

[有料会員限定]

創業間もない日本のベンチャー企業の間で海外進出の機運が高まっている。人口減少でパイの縮小が鮮明な日本を飛び出し、スタート段階から世界のマーケットを狙う経営者が増えているのが背景だ。世界中のスタートアップ企業がビジネスモデルを競うコンテストで日本代表に選ばれたユニファ(名古屋市)は、日本のスタートアップ企業の今の姿を映し出している。

保育事業にロボット活用、スタートアップの頂点に

昨年9月、クラウド会計のマネーフォワード(東京・港)や健康支援アプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン