2019年9月18日(水)

スペシャル

フォローする

京大・山西、競歩で東京五輪めざす 「金狙いたい」

2017/3/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

選手層が充実の一途をたどる日本の陸上競歩界で、また一人有望な若手が現れた。京都大の山西利和。2月に神戸市内で行われた日本選手権20キロ競歩で3位に入り、3年後の東京五輪代表入りへ大きくアピールした。

日本選手権20キロでは自己記録を大幅に更新した(2月)=共同

日本選手権20キロでは自己記録を大幅に更新した(2月)=共同

2月19日に開かれた日本選手権20キロでは1時間19分3秒で3位。3連覇した高橋英輝(富士通)、2位に入った藤沢勇(ALSOK)のリオデジャネイロ五輪代表組に突き放されて「まだまだ差がある」と痛感したものの、それまでの自己記録を1分47秒も更新。今後への期待を抱かせた。

京都・堀川高入学後は中学時代に引き続いて長距離走に取り組んだ。同校では別途「サブ種目」もこなすのが習わしで、山西は競歩を選択。あくまで主眼は長距離走に置いていたが、よほど水が合ったのか、2年で出た全国高校総体5000メートル競歩で2位に入り、3年時に大会新記録で優勝。この年は世界ユース選手権1万メートル競歩で同種目日本勢初の優勝も果たし、すっかり力の入れどころが逆転した。

京大進学後も高校時代の恩師の船越康平顧問に歩型をチェックしてもらい、練習メニューづくりでは20キロ世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)やリオ五輪50キロ銅メダルの荒井広宙(自衛隊)らを指導した内田隆幸・小松短大監督に教えを請うている。

工学部物理工学科に在籍し、4月に4年生になる。卒業後の進路として、かつては競技から離れて大学院で研究に専念する考えもあったが、競技成績が上向く中で「目の前のチャンスをものにしたいと思うようになった」。今は実業団で競技を続け、東京五輪でメダルを獲得するのが目標。「どうせなら金を狙いたい」と内心秘めたものがある。

(合六謙二)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
瀬戸は6月の欧州遠征で自己ベストをマーク=共同共同

 12日に韓国・光州で開幕した水泳世界選手権。メダルラッシュが期待される競泳ニッポンは21日から登場する。競泳陣にとって、今大会は金メダルを獲得すれば来年の東京五輪代表に内定する、いわば五輪前哨戦。2 …続き (7/19)

2020年東京五輪のチケットの販売方法について発表する北島康介さん(東京都港区)=共同共同

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが、公式販売サイトで9日午前10時から始まる。1人が購入できるのは最大30枚で、申込期間は28日までの20日間と決して長くはない。今から観戦したい競技種目や日 …続き (5/2)

 卓球の世界選手権個人戦が21~28日、ブダペストで行われる。来年の東京五輪で悲願の金メダルを目指す卓球ニッポンは、最強中国を相手に快進撃を続ける伊藤美誠(スターツ)が半世紀ぶりの、高校生になった張本 …続き (4/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。