/

この記事は会員限定です

モテモテの海外IT人材、盛り上がる派遣ビジネス

外国人材と拓く

[有料会員限定]

2030年に約59万人の人手不足に直面するといわれるIT(情報技術)業界で、助っ人として外国人社員が急増している。16年に情報通信業で働く外国人は08年の2.4倍。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」やAI(人工知能)など、競争が激しい開発分野に海外人材を派遣するビジネスが盛り上がっている。

ヒューマンホールディングス(HD)の人材派遣子会社、ヒューマンリソシア(東京・新宿)は、16年7月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン