モテモテの海外IT人材、盛り上がる派遣ビジネス
外国人材と拓く

2017/3/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2030年に約59万人の人手不足に直面するといわれるIT(情報技術)業界で、助っ人として外国人社員が急増している。16年に情報通信業で働く外国人は08年の2.4倍。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」やAI(人工知能)など、競争が激しい開発分野に海外人材を派遣するビジネスが盛り上がっている。

ヒューマンホールディングス(HD)の人材派遣子会社、ヒューマンリソシア(東京・新宿)は、16年7月に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]