/

この記事は会員限定です

働き方改革で難しくなる健康管理 山田洋太氏

iCARE最高経営責任者・産業医

[有料会員限定]

政府が進める働き方改革は、テレワークや副業、兼業といった「場所にとらわれない柔軟な働き方」も大きなテーマに位置づけている。

これは、労働災害の防止を目指し、企業の健康経営を支援する会社を経営する私から見て、非常に大きな転換点だと感じる。現在、労働者の健康に対する企業の責任について定める労働安全衛生法(安衛法)や労働契約法は「場所にとらわれた働き方」を前提に作られたものだからだ。

1972年の安衛法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン