試合リポート

フォローする

筒香、口火切る一発 侍6連勝 準決勝へ
イスラエルに8-3

2017/3/16 2:30
保存
共有
印刷
その他

一回から三回まで先頭打者を出しながら決定打が出ない。競り合いに持ち込みたいイスラエルの術中にはまりかけた六回。4番の一発が号砲となった。

六回無死、先制となるソロ本塁打を放つ筒香

六回無死、先制となるソロ本塁打を放つ筒香

先頭の筒香は「(好投した)千賀と平野さんがいい流れをつくってくれたので、いいテンポで打席に入れた」。球威十分のザイドから軟投派のアクセルロッドに相手投手が代わっていたのも気分一新となったか。「強い打球を打とう」と臨んだ打席で、1ボールからの甘い球を逃さなかった。きれいな弧を描いた打球はバックスクリーン右へ。小久保監督は「試合が動かない中で、日本の4番の一発で流れがきた」とたたえた。

続く打者は34歳の内川。「疲労がピーク」(小久保監督)の中田に代わっての起用だ。先制点の直後でもベテランは高ぶることなく、1球もバットを振らずに四球で歩いた。これがその後の追加点につながった。

坂本勇は直後の初球を軽く合わせて中前打。相手投手が交代すると、さらに押せ押せムードに。松田が高めのボール球をたたいて左翼フェンス直撃の適時打。小林がぼてぼての適時内野安打、菊池も右前打を放った。

きれいではない当たりがことごとく野手の間に飛んだところは流れをつかんでいた証しだろう。ブルペンに自信を持っていたイスラエルの継投に対し、計5安打に3四死球で一挙5点をもぎ取った。

「こんなにホームランが出るとは。効果的な一発が多かった」と小久保監督が驚いた計10本塁打で6連勝。「守備からリズムをつくる」と、投手陣を基盤にした戦い方はそのままに、野手も自信をつかんで強豪の待つ米国に乗り込む。

(土田昌隆)

試合リポートをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

WBCコラム

試合日程と結果

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

試合リポート 一覧

フォローする

 地元ドジャースタジアムが大歓声に包まれた。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝で最後の打者を三ゴロに仕留めると、米国の選手たちはマウンドに駆け寄って互いに抱き合った。野球の母国に待ち焦が …続き (2017/3/23)

九回2死、松田が空振り三振に倒れ試合終了=共同共同

 四回1死から米国の3番打者、イエリチ(マーリンズ)が放った二ゴロが名手、菊池のグラブをはじき、中前に転がった。この間にイエリチは二進。ここから米国に先制を許した。八回の勝ち越し点も、ハーフバウンド気 …続き (2017/3/23)

八回、米国のA・ジョーンズの打球をこぼす三塁手の松田。手前は千賀=共同共同

 試合前から雨が降り、集中力を保つには難しい環境でも先発の菅野は自然体を貫いた。序盤はパワーで対抗する米国の強力打線を無失点に封じる。「相手どうこうではなく自分の投球をする。やってきたことしかできない …続き (2017/3/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]