/

この記事は会員限定です

経営者教育なくして成長なし 河野宏和氏

慶応義塾大学ビジネス・スクール校長

[有料会員限定]

日本は今、経営者教育を真剣に考えなければならない状況に直面している。ビジネスがグローバル化するなか、長期的な視点で経営判断できる人材、ビジネスシーンで即断即決できる人材が求められる。こうした経営者をつくる体系的な教育が必要だ。これまで企業が培ってきた長所を大切にするだけでは、今後の日本の成長は望めない。

長期的視点とは、自分の在任期間より先を見据え、「どういう会社でありたいか」というビジョンを描...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン