/

この記事は会員限定です

「巨人」に挑む大手法律事務所、グローバル化急ぐ

[有料会員限定]

日本の大手法律事務所が、本格的なグローバル化に舵(かじ)を切っている。日本の事務所としては初となる海外事務所買収や、海外経験の長い企業経験者の起用など、動きが急だ。日系事務所の国際化は、海外M&A(合併・買収)に挑む日本企業にもメリットだが、米英の一流事務所ははるかに巨大だ。アジアのハブ(中軸)を目指す日本勢の戦略を探る。

タイ大手を買収、弁護士50人規模

日本の「五大事務所」の一角を占める森・浜田松本法律事務所(東京・千代田)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン