2017年11月20日(月)

ユーロスタジアム

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

レスター前監督、信じがたい絶頂からの転落
サッカージャーナリスト 森昌利

(1/3ページ)
2017/3/13 6:31
保存
共有
印刷
その他

 昨季、イングランド・プレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が先月、成績不振のため解任された。

 英メディアは総じてこの解任を悲劇として報じた。その原因はマンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督が発したメッセージだったと思う。

 「イングランドのチャンピオンとなり、国際サッカー連盟(FIFA)最優秀監督賞に輝いた男が解任された。クラウディオ、それが昨今のサッカー界というものだ。友よ、ほほ笑み続けろ。君が歴史に刻んだ業績は誰にも消すことはできないのだから」

 闘将らしい、男気あふれるメッセージだった。自らも一昨季にプレミアリーグを制覇しながら、昨季の成績不振でチェルシー監督を解任されていた。同業者としての同情を含みつつ、巧妙に自分を擁護したようにも受け取れるが、このメッセージが公表されると、ネット上で賛美の嵐が巻き起こった。男気に弱いイングランドのサッカーファンがこの言葉を全面的に支持したのだ。

 このように世論が一方に傾くと、メディアもラニエリ批判はしづらい。それに、このイタリア人老将はレスター監督に就任して以来、一貫して報道陣に紳士的かつ親切な対応をして人気があった。

 会見に訪れた記者には一人ひとりと握手をした。奇跡の優勝に近づき、報道陣の数が膨れ上がっても、時間が許す限り握手をした。記者団の質問には、それほど流ちょうではない英語を懸命に操り、誠意を持って答えた。時折、織りまぜるユーモアも好評で、もちろん勝ち続けたこともあり、昨季の会見はいつも和やかだった。

 メディアを通じて「善人イメージ」をつくりあげていたこともあり、英国中が解任を嘆いた。

人気の裏には心ない決断も

 ところがその一方で、チーム内ではかなり心ない決断もしていた。たとえばアルゼンチン人FWウジョアに対する処遇だ。残留争いに巻き込まれていた1月30日。出場機会が激減していたウジョアが自身のツイッターでラニエリ監督を痛烈に批判した。

 「すべてのレスターファンに対する敬意は変わらないが、ラニエリとクラブに裏切られたと痛感している。今後、彼らのためにプレーすることはありえない」

 昨夏、ナイジェリア代表のFWムサをCSKAモスクワから獲得した際、ラニエリ監督はウジョアに「これ以上、FWを補強することはない」と断言していたという。しかし、間もなくアルジェリア代表のFWスリマニをクラブ史上最高額の移籍金3000万ポンド(約42億円)で獲得した。

 あまりにもあっさりと約束をほごにされ、ウジョアはラニエリ監督に詰め寄り、移籍を訴えた。ラニエリ監督は「1月に400万ポンド(約5億6000万円)以上のオファーがあれば移籍を承諾する」と応じた。

 ウジョアはスカイスポーツの取材に「自分が知る限り、約束の額以上のオファーがあるのに、移籍が考慮されない」と言い放った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカーコラム

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

 昨季、イングランド・プレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が先月、成績不振のため解任された。
 英メディアは総じてこの解任を悲劇として報じた。その原因はマンチェスター …続き (3/13)

競り合う吉田(上)。「シンプル」が守備のキーワードだという=共同共同

 吉田麻也(サウサンプトン)が一瞬、「これはどういうこと?」と怪訝(けげん)な表情を見せた。
 1月28日、ホームで行われたアーセナルとのイングランド協会(FA)カップ4回戦。サウサンプトンが15分、2 …続き (2/9)

BBCは岡崎を特集し、献身的なプレーの数々を詳細に分析した=共同共同

 BBCのプレミアリーグのハイライト番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」は一昨年、50周年を迎えた人気番組で、特にひいきチームが勝った土曜日の晩には、英国のサッカーファンはテレビの前にくぎづけになる。
 話は …続き (2016/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]