中国の「報復」直撃 韓国の観光関連株が急落
香港企業にも連想で飛び火

2017/3/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免など政情不安に揺れる韓国。だが同国の株式市場にはもう一つ別の暗い影が差している。中国当局が自国民の韓国旅行を制限する「禁韓」に動いた。米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の韓国配備に対する報復とみられている。韓国の観光業への打撃が大きいとの懸念から関連銘柄が急落。その動きは、アジアの別の市場にも飛び火し始めた。

外国人客の半分は中国から

「中国が韓国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]