/

この記事は会員限定です

「人が動けば金も動く」 過疎地再生ライドシェア

地域を救うシェアリングエコノミー(1)

[有料会員限定]

人口減の進む過疎地や中山間地域で「シェアリングエコノミー」(シェア経済)に取り組む動きが全国で広がっている。自家用車や住民の手の空いた時間など埋もれている遊休資産をインターネット上のシステムを活用して共有する仕組みで、ライドシェア(相乗り)の米ウーバー・テクノロジーズや民泊仲介最大手の米エアビーアンドビーなどが代表的企業だ。日本では北海道や近畿、東北など各地で公共交通機関や家事支援、産業活性化とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3651文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン