/

この記事は会員限定です

デジタルガレージ、進む「孝行息子」離れ

証券部 藤原隆人

[有料会員限定]

ベンチャー育成のデジタルガレージが、孝行息子であるカカクコムからの「子離れ」を進めている。この10年、利益の過半をカカクコムに頼ってきたが、次世代技術であるブロックチェーンの技術を持つ米企業と共同で日本の金融取引の仕組みを変える実験を始めるなど、次なる成長事業を育成し始めた。カカクコム株の値動きにほぼ連動してきた株価も、2月中旬以降は低調なカカクコム株に引っ張られずに堅調に推移している。

2月2日、デジタルガレージの株主に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン