/

この記事は会員限定です

投信、魅力向上へ併合促す 協会が指針公表へ

[有料会員限定]

投資信託協会は投資信託の併合を後押しする。6月をめどに煩雑でわかりにくかった事務手続きの指針を公表し、運用会社に小規模な投信の併合を促す。併合で投資家向け資料の作成や会計監査にかかるコストを削減し、投信の運用成績の向上につなげる。投信の魅力向上を図ることで、証券業界が掲げる「貯蓄から投資へ」の流れを加速する意向だ。

事務手続きの「お手本」提示、運用会社の作業軽減

指針では、投信の併合に必要な書面作成や投信保有者の同意を得るまでの確認作業の手順な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン