オン・ザ・グリーン

フォローする

怪物2世・川岸史果、収穫の女子ゴルフ開幕戦
編集委員 吉良幸雄

(1/2ページ)
2017/3/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

国内女子ツアー今季開幕戦の第30回ダイキンオーキッド(2~5日、沖縄・琉球GC)は「怪物2世」川岸史果(22)の大健闘が話題を呼んだ。父の川岸良兼はツアー通算6勝。破格の飛距離で石川・小松明峰高、日大時代は「怪童」「怪物」と称され日本アマなど数々のタイトルを獲得した。プロ2年目の1990年にはABCラークカップなど年間3勝を挙げ賞金ランク3位に。姉の紘子がゴルフを始めたのにつられクラブを握った史果も、父譲りのロングヒッターだ。小学5、6年ごろで、240~250ヤード飛ばしていたという。ツアー初出場した2009年のNEC軽井沢72では、大会史上最年少の14歳10カ月で予選突破、16位に入っている。

川岸史果の武器は父譲りの飛距離だ=共同

川岸史果の武器は父譲りの飛距離だ=共同

川岸は2日目に65のビッグスコアをたたきだし首位に並ぶと、最終日は後続に2打差をつけスタート。しかし76とスコアを落とし、アン・ソンジュ(韓国)に1打差で逆転負け。杉原輝雄、敏一(91年関西オープン優勝)以来の「父子V」はならなかった。プロ転向8戦目での優勝となれば日本人選手では宮里藍、佐伯三貴の4試合に次ぐ最短Vだった。4日間を通じたパーオン率(73.61%)は、大山志保と並びランク1位。ところが最終日はグリーンを7回外し、5ボギー(1バーディー)をたたいたのが響いた。「風が舞っていて後半はドライバーショットが乱れ、風の読みやラフからのショットがうまくいかなかった」と振り返る。

■「飛距離とセカンドが自信に」

日大高のオーストラリア修学旅行中、シドニーで転倒し骨折した古傷の右足首を昨年12月に内視鏡手術。まだラウンドを重ねると痛みが出るそうで「7番ホールくらいから痛みがあった。10、11番では体が止まってフィニッシュまで行かず左に。ちょっと(足の)影響はあった」。手負いの身にもかかわらず平均飛距離は248ヤードで4位。パーセーブに失敗したアプローチを課題に挙げ、惜敗を悔しがりながら「飛距離とセカンドが自信になった」と収穫を語る。

「怪物2世」には苦闘の日々があった。15年にツアー出場権をかけた予選会、クオリファイングトーナメント(QT)の3次QTまで進み、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に単年登録。プロ転向しているが、プロテストでは昨夏、足の痛み止めの注射を打ちながら4度目の挑戦でようやく合格(7位)を果たした。今大会でキャディーを務めた日本女子アマ覇者の母、喜多麻子プロは「3回目くらいには、ドライバーイップスみたいになっていた。ティーグラウンドに立っても『怖い』と」。同じ井上透コーチに見てもらっている佐藤信人は「一緒にラウンドしていて、ショットが曲がり出すと修正がきかなくなることがあった」と話す。ただ待望のテスト合格が最良の精神安定剤になったのだろう。「合格が自信になり(ゴルフに)積極的に。気持ちの切り替えやセルフコントロールも成長した」と母。12月初旬のツアー最終予選会は26位でクリア、今季のツアー出場権をつかんだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
ANAオープンで優勝した浅地洋佑。賞金ランク4位で「ZOZO」チャンピオンシップ出場が確実だ=共同共同

 憧れの「ZOZO」切符は、誰が手中にするのか――。10月10日開幕の男子ツアー、ブリヂストン(BS)オープン(千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦)で、日本で初めて開催される米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」 …続き (10/9)

日本オープン(左)とシニアオープン(右)の優勝トロフィーを手にした谷口徹

 勝って当然、といわれる勝負に当然のように勝つのはなかなか容易ではない。ラグビーのワールドカップの開幕戦、開催国として勝利を義務付けられていた日本代表のロシア戦も難しい立ち上がりを強いられていた。
 2 …続き (9/25)

KBCオーガスタの第1日、ティーショットを打つ石川。最大の課題だったドライバーショットの不安はほぼ解消したようだ=共同共同

 今は7、8合目あたりだろうか。富士山麓の難コース、山梨県富士桜CC(7566ヤード、パー71)で開催された男子ゴルフのフジサンケイクラシック(9月5~8日)で、石川遼(27)は最終日に7アンダー、6 …続き (9/11)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]