2018年9月25日(火)

現代の「サムライ」、狭き門の先に
Disruption 断絶を超えて(3)

2017/3/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本が近代国家へと歩みを進めた明治期に定着した弁護士や弁理士などの現代の「士(サムライ)業」。「狭き門」の国家試験を通れば、職務上、必要があれば、戸籍や住民票を請求できる「特別な職業」でもある。産業社会を支えてきた現代のサムライたち。だが、その現場では今、ミスマッチが起きている。彼らを脅かすのは人工知能(AI)だけじゃないようだ。

 基本的人権を守り、社会正義の実現に欠かせない弁護士。古くは中世の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報