Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩
NTT「スポーツ脳科学プロジェクト」(下)

(1/3ページ)
2017/3/17 6:30
共有
保存
印刷
その他

 脳を鍛えてアスリートのパフォーマンスの向上を支援する、新しいトレーニング法を確立する――。NTTは2017年1月、「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクト」を正式に発足した。

 これまでの実験室での脳科学研究に、練習や試合を含むリアルな状態での選手の計測結果を組み合わせて解析し、アスリートの脳内情報処理とパフォーマンスの関係性を明らかにする、これまでにない取り組みだ。前回に続いて、実験で得られた新たな知見などを紹介する。

SBSプロジェクトで活用する、「スマートブルペン」での計測の様子。バッターは慣性センサーを内蔵したウエアを着用、さらに視線を追跡する「アイトラッカー」をかけて打撃し、生体情報をリアルタイムに取得する。写真は東大野球部の選手
画像の拡大

SBSプロジェクトで活用する、「スマートブルペン」での計測の様子。バッターは慣性センサーを内蔵したウエアを着用、さらに視線を追跡する「アイトラッカー」をかけて打撃し、生体情報をリアルタイムに取得する。写真は東大野球部の選手

 「練習では調子が良かったのに、試合で緊張して実力を発揮できなかった」――。これはプロであれ、アマチュアであれ、どのアスリートにも起こり得る非常に悩ましい現象だ。しかも、本人がそれを自覚しても制御するのは難しい。

 緊張によって心拍数が上昇することは誰でも知っている。しかし、心拍数は運動そのものによっても上昇するため、実際、どの程度の影響があるのか、分かっていないことも多い。そこでNTTは、試合時のメンタル状態が引き起こす心拍数の上昇とパフォーマンスの関係を解明する実験に取り組んでいる。

■「体が思うように動かない」

 この実験では、着るだけで心拍数などを計測できる機能素材「hitoe(ヒトエ)」を活用する。練習でhitoeを組み込んだウエアを着た投手がピッチングし、hitoe電極で心拍を、ウエアに付属のトランスミッターに内蔵した加速度センサーで体幹部分の加速度を計測。加速度(運動強度)と心拍数から運動由来の心拍数を推定するモデルを作る。

 そして、実際の試合時にも同じウエアを着て心拍数と加速度を計測。上記の心拍推定モデルから、メンタルに起因する心拍数の変化分を抽出する。

試合中のメンタル(緊張)による心拍数の上昇の推定法。野球の練習時と試合時の心拍数と加速度をそれぞれ計測し、練習時のデータから運動由来の心拍数予測モデルを作成。試合中の心拍数の変化から、メンタル由来の成分を抽出する(図:NTT)
画像の拡大

試合中のメンタル(緊張)による心拍数の上昇の推定法。野球の練習時と試合時の心拍数と加速度をそれぞれ計測し、練習時のデータから運動由来の心拍数予測モデルを作成。試合中の心拍数の変化から、メンタル由来の成分を抽出する(図:NTT)

 下の図は、実際の試合で計測した、投手のメンタルに起因する心拍数の上昇分をグラフにしたものである。被験者はSBSプロジェクトのリーダーを務める、NTTコミュニケーション科学基礎研究所 上席特別研究員の柏野牧夫氏。横軸は時間、縦軸は運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分(縦軸)である。

柏野氏が実際の試合で登板した際に記録した、メンタル由来の心拍数の上昇分。正確には、運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分。登板時には緊張によって60bpmも上昇しており、身体が思うように動かない状態であったことが分かる(図:NTT)
画像の拡大

柏野氏が実際の試合で登板した際に記録した、メンタル由来の心拍数の上昇分。正確には、運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分。登板時には緊張によって60bpmも上昇しており、身体が思うように動かない状態であったことが分かる(図:NTT)

 試合中は常に心拍数が上昇しているが、実際にピッチャーとして登板しているときは通常より60bpm(拍/分)も上昇し、最大心拍数は170bpmに達した。一般に最大心拍数の目安は「220マイナス年齢」なので、「身体が思うように動かない状態にあった」と同氏は振り返る。

 このため、ピッチャーゴロを一塁に送球する際、練習ではほとんどしたことがないショートバウンドの送球をしてしまったという。さらに、通常は100km/h程度のボールを100球投げても疲れないのに、試合では20球強でヘロヘロの状態になった。同氏は、緊張による心拍数の上昇でエネルギーを消費したと推測している。今回の実験は、過度の緊張がパフォーマンスに悪影響を与えることを裏付けているわけだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日立製作所の笠戸事業所で相鉄20000系を製造している様子(資料:相模鉄道)

相鉄・東急直通線向け新型車 10cm細いボディーに個性

 2022年度下期開業を目指して新線建設工事が進む「相鉄・東急直通線」。相模鉄道(相鉄)は、東急東横線・目黒線を経由して渋谷・目黒方面と直通するこのルートを走る新型車両「20000系」を公表した。車体…続き (9/22)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト