/

この記事は会員限定です

不当解雇の金銭解決、連合が譲れない理由

[有料会員限定]

裁判で不当とされた解雇の金銭解決制度の導入を巡って、連合が反対姿勢を崩していない。すでにある仕組みの改善で十分というのが連合の見方だ。金銭解決は連合として譲れない一線。これまで、労働者の立場を揺るがす制度改正として導入に反対してきた、派遣労働の規制緩和と「脱時間給」制度の導入は実現へのレールが敷かれた。「反対3点セット」の2つを阻止できず、連合にとって解雇の金銭解決は"最後の砦(とりで)"となって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン